プレゼンが最強に嫌いな人のための最強のプレゼンツールの作り方 その①


プレゼン?.001こんにちは、SHOWCASEの盛田です。

暖かさが行ったり来たりな日々の中、いよいよ新年度がスタートしました。

私からは、社会人の方なら一度は経験するといわれる登竜門、「プレゼン」についてお話をさせていただきたいと思います。これからプレゼンを始めようと思っている方、やってはいるもののどうも苦手な方、そんな方のご参考になれば幸いです。

 

プレゼンって、好きですか?

ここに訪れたからには、これを読むあなたの心構えを試したいと思います。

準備はいいですか…?

名称未設定 5.001

 

それでは質問。

Q.プレゼンって、好きですか?

 

 

 

 

私は大っ嫌いです笑。

※プレゼントは大好きです

 

 

 

好きな方にとってはこのコンテンツ、気分を害しかねないので、回れ右をお願いします照。

私にとっては、プレゼンなんて、大勢の前で話さないといけないし滑舌噛んだら恥ずかしいし何かしら伝えたいことが飛んだら怖いし資料作るのめんどくさいしそもそも喋るの好きじゃないしぶっちゃけやりたくないしこんな文化なくなってしまえばいいし…。って思うくらいに嫌いです笑。きっとこのタイトルでいらっしゃった、そして質問をクリアしたあなたも、多かれ少なかれ同じ気持ちではないでしょうか。

そんなあなたにこそ、本シリーズ(まさかのシリーズ化!)をご覧いただけたらと思います!

IMG_3181

はい、こんな感じでいつも今でも緊張感爆発なのです笑

 

大嫌いを貫く過程で見えたプレゼンの在り方

社会人になって初めてのプレゼンは、お偉いさんの前で事業展開を話すというもの。自らやってみたいと立案した手前、どう伝えたらいいもんかと悩むことに。

一つ言えることは、

 

絶対にしゃべりたくない!!!!

 

…。

立案したのになんでやねんって感じですが、これだけはなんとしても守りたい、時代が個性を謳おうが、私は没個性化してでも喋ることから逃避したい…そんな恐怖に満ちた私が編み出したプレゼンの在り方が、

 

「プレゼンをしないプレゼンです(爆)」

 

無理なもんは無理、そこから考える

無理なもんはやっぱり無理。それなら自分以外の人にプレゼンしてもらい、自分はそのアシスタントになればええんじゃないか、という安直かつ豪快なひらめき。でもこれが実現できたら最高じゃ、これでいきたい。いやでも待て、そんなんしたら自分のプレゼンじゃなくてええんじゃないか…。どうしたらええんやゃああああー!!!!!

 

そう唸っていると、机の上のmacが光りながらこう呟くのです(人は追い込まれると何かと都合よく捉える性質があるって誰かが言ってましたね)。

名称未設定 8.001

MAC「いや、だから嫌なことに努力するんじゃなくて、嫌なことを避けるための努力をすればいいだよ」

 

そうか、ツールにプレゼンしてもらえばええんか…ゴク。

ここから、macと私の熱い修行が始まる… (at 精神と時のなんちゃら)

 

 

(多分)続く。

 

嫌いなことって、悪いことじゃないみたい。

さて、そんな形で始まった私のプレゼンツールは、気がつけばいろんな方に褒めていただくようになりました。

私にとっては、嫌いこそものの上手なれ、のようです汗。

どんな風にそこに至ったか、そもそもそのツールってなんやねん?続きは「気が向いたら」更新していこうと思います(いつでも逃避癖)汗。

 

”すべてのプレゼン嫌いに、ささやかな希望を…”

 

 

PS

ちなみに、SHOWCASEメンバーにももう一人、私と同じ種族がいます。それは、デザイナーの岩門です。彼は私をさらに超える「シャベリタクナイデモツタエタイ族」。喋りたくないけれど、自分が込めたデザインについては、何一つ欠くことなくその背景をきちんと伝えたい。という同じような苦しみを抱えていたことから、彼なりのツールを一緒に考えました。それが、こちら。これもまた、「自分以外のものにプレゼンしてもらう」ツールですね★

 

 


WRITER

盛田 司
盛田 司