初の大阪講演終了!川のほとりを背景にデビュー!【開催レポート】


dsc01373

大阪市中央公会堂が見える川のほとりを背景に中之島SPINNGにてデビューする

先日9月17日(土)、SHOWCASEにとって初となる大阪講演を開催!織田と大石のコンビで行ってきました!大阪市中央公会堂が向かいに見える最高のロケーション「中之島SPINING」にてデビュー。SHOWCASEのクライアントさまでもあり、間もなくリニューアル予定の「MUSUBU」代表イベントプロデューサー寺嶋美穂さんが企画してくださり、今回このような素敵な機会をくださいました。心から感謝いたします!!

 

 

MUSUBU代表 イベントプロデューサー寺嶋美穂さん

miho-1024x694

イベントは2部構成で開催!一部はファイナンシャルプランナー水野綾香先生による「女性のためのマネーセミナー」。そして二部が、僕たちのSHOWCASEによるブログ講座。

 

 

 

風がとにかく気持ち良いロケーション!

14389771_1035245343260057_194126837_n

 

 

 

 

いよいよ始まる!まずは水野先生による「女性のためのマネーセミナー」から(第一部)

dsc01283

一瞬、タレントさんが来たのか!?と思ってしまった美人なFP先生!(水野綾香さん)いや、マジで。もうこのままのお方です!織田もFP業界の端くれ。まさかSHOWCASEの仕事で、こうしたFPの先生と出会うことになるとは!この日は東京からわざわざお越しくださっていました。しかも、なんと、名古屋のご出身!もう親近感です。そして、人はつい見た目でイメージしてしまいますが、ものすごく自然体で着飾らないお方!気さくで佇まいが素敵でした。

 

ご講演内容がまた、びっくりするくらい王道!女性に特化したお金の話をストレートに、とにかくわかりやすく伝えるプロフェッショナル。スライド内容が相当厳選して作られているな〜と。その研究している謙虚な姿勢のあり方に、ものすごく勉強になりました。

 

 

そして、SHOWCASE TIMEはじまる。織田よりコンセプトや実績を伝える。(第二部)

dsc01334

何事もはじめが肝心!そう思いながら、具体的な内容よりもまずは僕たちSHOWCASEが何者なのかをちゃんと伝えるべく、織田よりコンセプトや理念をはじめ、実績・事業内容・これまでの歩みなど自己紹介からスタート。限られた時間の中で「どの部分を、どう伝えるか?」といった自己紹介こそがコンテンツそのものになりますから、第一印象をどう残すべきかを今回はちょっと考えました。これは大きなくくりで言えば「デザイン思考」。記憶にどう残こすかという思考デザインを行いながら、そのためのプレゼン資料を作成。けど、これも難しくではなく、ほとんど直感的です。

 

 

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89-017

僕たちの「すべての創造を清らかに」というコンセプト解説から、物事と向き合い方、取り組み。それはまるでブティックに並ぶショーケースのように、見るものの心を「清らか」にするものを創造すること。そこからつけられたネーミングであることや、人が参拝しようと心に決めた時、いわば「清らか」なスイッチが入った時だけ鳥居をくぐるように、物事の向き合い方にある意味、ふるいをかけるための象徴として「鳥居」をシンボルにしていることなど。これまでの成り立ちを伝えていきました。

 

 

そして本題へ・・・ブログにスポット

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89-105

 

アマゾンの裏側にあるビジネスモデルを紐解き、ブログに置き換えるための大まかな概要を織田から解説。%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89-041

 

 

 

より具体的な内容へ。コンテンツSEO、メディアとデザインの相対的な集客・コンサルティングの話。

dsc01357

バトンタッチして大石の出番。実はブログの話というより、もっと根本の部分が大切であることを解説。まず押さえておきたいのが、Google検索がどのようにサイトを評価しているのか?といったコンテンツSEOと呼ばれるネット集客には欠かせない肝の部分。SEOは広告で行うものではなく、良質なコンテンツで自らデザインしていくもの。

 

 

SEOとは・・・Search Engine Optimisationの略。Google検索などで上位に来るようWEBページをカスタマイズすること。

 

 

 

大切なのはリアルなコンテンツを軸にした口コミとファンメイキング。リアルに需要がないものは、良質なブログが書けない!

WEB集客をする時、つい検索キーワードで上位に来るようカスタマイズ(SEO)ばかりに意識が行きがちですが、SEO対策こそ、そもそもの話「リアルで何をしているか?」という当たり前すぎるところに「需要(ニーズ)」があることが、真っ先に重要なのであって、上位に来ることに意味があるのではありません。原点はここです。そして、アクセスしてきてくれる人にとって、なんらかの利益があるからこそWEB集客が成功するのであって、すべてはコンテンツ次第。WEBは、その上での道具に過ぎないこと。だからコンテンツSEOと呼ばれるわけですね。大石より、図解にマッピングしながら解説。

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89-090

 

リアルなイベントとアクセス数が比例する事例

実際に、SHOWCASEのクライアントさまの具体的データーを特別公開。リサイクルショップを例に解説。赤丸のアクセスが多いところはリアルイベントを行った日。このグラフからもわかるように、明らかに数字に現れています。

 

pv

 

サービス・業種によってどこから優先していくかが異なる

同じマッピングで照らし合わせても、例えば「中古車販売」と「離婚カウンセラー」が行う戦略は全く異なってくることを図解で解説。「中古車販売」ならばSNSの中でも写真がコンテンツとなるInstagramをうまく活用することで広まりやすく、逆に「離婚カウンセラー」は、人に知られたくないコンテンツ性のため、Instagramは全く畑違いなSNSとなってしまいます。

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89-097

まとめ「読者の目線に立つこと」

最後にこれらをまとめて総括。そもそもの話としてリアルで需要(ニーズ)のないものには、どれだけテクニックを駆使したところで、読者が増え続ける良質なブログにはならない。逆を言えば、サービス・製品の中身に価値がある場合はそれをアウトプットするだけでコンテンツとなり、良質なブログになる。そして、それがそのまま最適なSEO対策になる。つまるところ読者の目線に立つことで「どんなコンテンツなのか」をしっかりと把握して、それをアウトプットするデザイン思考を持つことが大切。

 

参加者アンケート結果

%e3%81%82%e3%82%93%e3%81%91%e3%83%bc%e3%81%a8

 

 

最後に全員でパチリ!

dsc01378

最後に全員でパチリ。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!そしてお疲れ様でした!途中途中、あまりの集中した目線と、大阪のパワーに思わずたじろいだ時もありましたけど、初の大阪開催とっても楽しかったです。

 

 

次回は10月16日。東京開催へ!11月に大阪第二弾も決定!

dsc01382

詳細はこちら!MUSUBUブログにて)改めて、SHOWCASEイベントでもアップいたします!次回は10月16日、急遽東京で開催いたします!関東の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!11月に大阪第二弾!も開催決定!詳しくはまたご案内いたします!どうぞ、お楽しみに!

 

 

 


WRITER

織田 昌典
織田 昌典